亀頭ブツブツ-フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹治療クリニック比較


フォアダイスや真珠様陰茎小丘疹、包皮腺は性病ではなく生理現象の一種です。成人男性の半数以上にフォアダイス、約2割程度に真珠様陰茎小丘疹があると言われています。フォアダイスに関しては目立ちにくい程度の場合もあり、自分がフォアダイスがあること自体知らなかったりすることもしばしばあります。しかし、真珠様陰茎小丘疹は亀頭・カリの周りにビッシリと白いブツブツができるので、この場合、見た目の問題で治療をされる方が多いです。手術が必要になりますので多額の費用がかかってしまいそうなイメージがあるかもしれませんが、近頃、治療費はかなり手頃になりつつありますので、一昔前に受けようと思って躊躇していた、そもそも高いと決めつけていたので治療を考えていなかったという方にもぜひおすすめしたいと思います。






フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹の治療にかかる費用


フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹治療の費用


フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹関連の質問の中で最も多いのが「費用はどのぐらい?」という質問です。私も一番最初に気になったのは費用でした。真珠様陰茎小丘疹が発症したのが学生時代でしたので、そこまで多額な費用を用意できませんでしたからね。治療にかかる費用ですが、これはクリニックによって異なってきます。安いクリニックだと10,000円〜、平均的には50,000円〜、少し高いところだと100,000円〜になります。「〜」となっている場合は、ここに初診料がプラスされたり、範囲によって治療費が異なるからです。フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹は病気ではありませんので保険がきかないです。そう考えると、この費用で治療を受けられるというのはとても良心的に感じるはずです。一昔前だともっと費用がかかりました。






基本的に費用の中に麻酔代やアフターケア費用が入っている


麻酔代やアフターケア費用が含まれている


嬉しいのは費用の中に麻酔代やアフターケア費用が含まれている場合が多いということです。ただ、すべてのクリニックがそうかというとそうではありません。これが“クリニックによって費用は異なる”とわざわざ明言した理由なのです。クリニックによって料金設定は異なりますので、例えば、治療費は20,000円ですが、初診料としてプラス10,000円かかるなんてこともあったりします。なので、治療費だけにとらわれず、全体でどのぐらいの費用がかかるのをカウンセリング時に聞いておきましょう。普通はカウンセリングのときに医師の方が「このぐらいかかります」という具体的な数字を教えてくれますが、教えてくれない場合は、後々の金銭トラブルを避けるためにも積極的に聞いたほうがいいです。






アフターケアがしっかりしているクリニックを選びましょう


治療に際してはアフターケアが充実しているクリニックを選ぶようにしましょう


フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹の治療が受けられるクリニックはとても多いです。包茎治療を専門としているクリニックであれば、治療ができると考えてもらっていいと思います。クリニックは基本的に駅チカにあることが多いですし、治療は基本的に1回で済みますのでアクセスなんかもあまり気にしなくていいでしょう。クリニック選びの際にポイントになるのがアフターケアの充実度です。アフターケアが治療費に含まれているのかどうか、どの程度までサポートしてもらえるのか、を事前のカウンセリングでしっかりとチェックしてから治療を受けるようにしてください。これはフォアダイスや真珠様陰茎小丘疹は再発の恐れがあるからです。クリニックは基本的に医療機関になりますので、エステサロンのようなサービスの品質が低いという恐れはあまりないですけどね。一応、注意しておくべきポイントとして押さえておきましょう。






関連記事